歴史的建造物修復士(金沢市認定)が町家の改修を承ります

 町家は、歴史都市金沢にとって貴重な財産であると同時に、時間が積み重ねられた豊かな生活の場であり、また新たな住まい方が生まれる可能性をもった器でもあります。

寒くて住みにくい町家、またもう壊すしかないように見える町家でも、適切に直すことで今後さらに何十年も快適に住み続けることができます。ただし、戦前に建てられた町家は伝統工法でつくられているため、修理をする場合には専門的な知識と技術が必要です。



 「LLP金澤町家」は、平成17年に発足した金澤町家研究会(現在はNPO法人)を母体にもち、町家改修における実際的な実務を行うための有限責任事業組合として設立されました。主な工事や設計業務を行うのは、金沢市が運営する金沢職人大学校・修復専攻科を修了して「歴史的建造物修復士」となった第一線で活躍する経験豊富な職人や設計士です。


 これからの快適で豊かな町家住まいを、確かな伝統技術によって、みなさまと共に創り上げていきます。


■事業内容:

町家の改修に関わる業務(住宅・店舗・宿泊施設等)

・調査/設計…歴史的建造物修復士の建築士が担当

・施工…歴史的建造物修復士の棟梁や職人グループが担当

■組合員:


高川順正・歴史的建造物修復士/(有)金沢設計

橋本浩司・歴史的建造物修復士/橋本建築造園設計

武藤清秀・歴史的建造物修復士/むとう設計(有)

水野雅男/(有)水野雅男地域計画事務所


ページトップに移動▲